全体計画|武蔵野市、JR中央線「三鷹」駅の新築分譲マンション

外観完成予想図

住み続けたい。そう思えるこの街の象徴として。
武蔵野の中枢エリアに佇む「ルジェンテ武蔵野」は、「武蔵野庭園邸宅」をテーマに描いています。
伝統と自然が共存する街に相応しいレンガ調タイルを基調に、
アクセントとなる白スラブを配置し、洗練された軽快な外観ファルムを創出。
さらにガラスと縦格子を組み合わせた手摺デザインとし、重厚感とともに、モダン的な美しさを追求。
武蔵野の風景の一つとなる新たな建物として、奥ゆかしくありながら、存在感を放つ邸宅を創造しました。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

土地の特性を知り、新たな価値を創ること。
そして、この地域の人たちの想いを大切にしながら、新たな邸宅を表現すること。
「ルジェンテ武蔵野」の外観や共用部のデザインは、
集合住宅の建築デザインを幅広く手掛ける
We+F visionの石倉氏が参画。この街がもつ歴史や特性、魅力を理解した上で、
この地に相応しい素材、街と調和するデザインを選び表現しています。

光と風、緑に包まれる心地良い暮らしを描くランドプラン。

敷地配置図イメージイラスト
敷地配置図イメージイラスト※図面を基に描き起こしたもので植栽等、実際とは多少異なります。

四季折々の表情が美しい豊かな植栽を計画。

  • フイリヤブラン
  • ハイビャクシン
  • アメリカツルマキ
  • マホニア・
    コンフーサ
  • シラタマミズキ・
    エレガンティシマ
※植栽の写真はすべて参考写真です。
  • ※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色味等は実際とは異なります。外観形状の細部、エアコン室外機、照明、避雷針等、一部省略、または簡略しております。表現されている敷地内の植栽は、竣工から初期の育成期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植栽の育成を見込んで必要な間隔を取って植えております。設計・施工上の都合により、設定位置・樹高・本数等変更される場合があります。